Appleはちょうど新しいiPhone SEおよびPro 9.7インチiPadは、いつものように、今年

Appleはちょうど新しいiPhone SEおよびPro 9.7インチiPadは、いつものように、今年同社はまた、秋に毎年恒例のフラッグシップモデルを発売しますリリースしました。過去数年のように、今業界は来年のためにAppleの新しい予測に始まった、最も重いメッセージの1つは、まだゴ?ミングから来ています。 シャネルiphone7ケース最近、この明カイジ証券のアナリストは、来年のiPhoneは、大きな変化、廃棄された金属材料になるというながら、AMOLEDディスプレイ技術の使用。 iPhone 4iPhone 4Sは、主にAppleiPhone 5は、金属で開始当初から、ガラス製です。 グッチiPhone7ケースクオ明プールAppleiPhoneは、以前の材料を再開します。彼はまた、Appleはまた、プラスチックやセラミック材料を考慮することができるが、最終的にAppleがガラスを選択することが予想されると述べました。 ルイ?ヴィトン / LV 携帯ケース iPhone 5cと、2012年以来、AppleiPhoneのプラスチック製の筐体に加えて、すべての噂が本当であれば、これはAppleiPhoneの製品ライン、主要なシフトとなり、金属で作られています。クオそのプール、およびiPhone 2017 iPhone 4 / 4Sは同様に、ガラス材料を使用して前面パネルと背面パネルは、フレーム部分は、金属製です。 シャネルiPhone7ケース材料組成が似ていますが、「新」のデザインになりますが。画面、2017年モデルのiPhoneとして知られているクオ明プールは、AMOLEDパネルを使用します。 シャネルiphone8ケース AMOLEDスクリーン時間予定日クオ明プールが予測されていたよりも早く、アップルは、彼は少なくとも2019年までは、別の画面表示技術に切り替える前に、その前に述べています。クオ明プールの代わりに現在の5.5インチのiPhoneAppleは5.8インチAMOLEDスクリーンのiPhoneを来年リリースすることができます。 グッチiPhone8ケースそれだけで大画面iPhoneは、この画面を過ごすことになりますかどうかは明らかではありません。 大きな変更ではありません。 ゴヤールiphone7 ケースこれは、AppleiPhone来年はワイヤレス充電機能と(たとえば、顔認識や虹彩認識など)バイオメトリクスを追加することを報告しました。 Androidバイス上のこれらの機能は何年も前から普及しているが、iPhoneの販売価格は、それらをサポートしていません。 イヴサンローランiphone7ケースまた、Appleは単に激化この会社の批判のために外の世界を作る外観はiPhone SE、ない新しいアイデアを、リリースしました。 クオ明プールは、アップル製品を予測する上で非常に正確でしたが、iPhoneは現在、2017人のモデルと同様に、少なくとも18ヶ月から利用可能である。 iphoneケースが、科学技術の分野では、18ヶ月は十分で劇的に変化しています。今でもこの噂が正確である、その後、変更される可能性があります。 Hermesエルメスiphone6ケース